FC2ブログ
図書室の伝説
どうも、最近思ったことは、寝たいというわけです。

ブラスです。

いやー、ブログを書いてなかったので語学力がすごく減りました。大して面白い文も書けません←

見てくれてる人 ありがとう!w







さて、小話はここまでとして本題に入りたいと思います。




最近図書室学習があって本の中にルーズリーフが入っていたんですよ。

とにかくこのルーズリーフは作文みたいなものだったので読んでみました。


題名「おっぱ○という名のピレネー山脈」


吹きましたwいきなりの下ネタで爆笑しました!

続き(作文の内容をそのまま書きます↓

私がおっ○いについて思うこと。それは男の欲望そのものであるということです。○っぱいは全てのものを癒してくれます。

くわえてもよし←

チロチロしてもよし←

時にははさんでもよし←

といろいろな用途に使えるのです。右にあきたら左に移動するのもありでしょう。

私は貧乳の子としかヤッタコトはありませんが、貧乳でもコーフンしてくるそのお○ぱい。

驚異といえるでしょう。。。













俺は思った。


読書をするところでこんなものを書いてどうするんだ!?w


そして

こんな、ネタをありがとう!!



男子校はこれだからな、みんなよーきゅーふーまんなんだなwww


まず、この書いた人はもう卒業してるからねw(童の貞が

つか、チロチロってなんだよwwww

それを見て笑ってる俺も変態か?w












・・・・・・・・・・いつもこんな毎日を過ごしています('A`)
スポンサーサイト



【2008/11/17 23:53】 | くだらない話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<深夜 | ホーム | あのーーー>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://startopurin.blog97.fc2.com/tb.php/157-cb04d47d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |